履き馴れた靴の紐がちぎれたから
今日は外に出ないと決めた
見慣れない猫が窓辺を駆け抜けた
空は雲一つないとある青の日

いつかの畦道が何処か思い出せずに
古ぼけたタバコ屋が何処か思い出せずに
生温い春風がトタン屋根を鳴らして
さようならまだ僕は毛布にくるまっているよ

忘れてしまいたいことがあっても
ここにいる限り 消せないことばかり
捨ててもかまわないもので溢れている
外は青の日

傘もささずに 目くじら立てて
汚れた靴を 見つめて歩く
昨日のまま

忘れてしまいたいことがあっても
ここにいる限り 消せないことばかり
捨ててもかまわないもので溢れている
外は青の日

thumbnail of aonohi