飛んでけグライダーさようならしよう
泣き言が響いていつも迷惑だよ。
遊覧船に乗って惚けていたら 冷たい瞬きに引き戻された
ほんの少し話がしたい
カモメがあの海を自由にする
君が出会った沢山の事
疲れ果ててしまって乾いていく
全てを街の上で 夕食はグラスの中の
魔法がとろけて消える前に
笑わないで聞いてほしい。
目覚めがいつもより酷い
手を振る ことも忘れて
羽ばたいてしまったら手遅れだよ
戻れなくなるのは初めてじゃない
飛んでけグライダー約束をしよう
涙を拭いた後で会いましょう。

thumbnail of yuransen